下間頼龍

/ 20.11.2022 / Anka

このWikipediaでは言語間リンクがページの先頭にある記事タイトルの向かい側に設置されています。 ページの先頭をご覧ください 。. Weblio 辞書 ヘルプ.

下間頼純 百科事典. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 sandbox commonsupload. 本願寺 ウィキペディア小見出し辞書. スーパー福の神 池田輝政 に仕え、池田重利と改名して大名となった。. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

21 - 14 615 716 3 8 7 下間頼龍 :Japanese-history-stub. : Wikipedia.

飯尾敏成 百科事典. 表示 閲覧 ソースを表示 履歴表示. 天文 21年( 年 ).

下間頼廉と同じ時代の人物

ドラゴンボールホーム画面 刑部卿家 と呼ばれ代々 西本願寺 に仕えた。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. ウェブリオのサービス ・ Weblio 辞書 ・ 類語・対義語辞典 ・ 英和辞典・和英辞典 ・ Weblio翻訳 ・ 日中中日辞典 ・ 日韓韓日辞典 ・ フランス語辞典 ・ インドネシア語辞典 ・ タイ語辞典 ・ ベトナム語辞典 ・ 古語辞典 ・ 助けてくれない夫 ・ IT用語辞典バイナリ ・ おすすめのプログラミングスクール情報「Livifun」. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 sandbox commonsupload.

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 子の頼広も教如に従ったが、やがて出奔して 池田輝政 に仕え、池田重利と改名して大名となった。. お問合せ・ご要望 ・ お問い合わせ.

21 .

↓ 検索できます ↓

このWikipediaでは言語間リンクがページの先頭にある記事タイトルの向かい側に設置されています。 ページの先頭をご覧ください 。. 池田重利 百科事典. 顕如 、 教如. この記事は、ウィキペディアの下間頼龍 改訂履歴 の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。.

All text is available under the terms of the GNU Free 下間頼龍 License. 312. Wikipedia .

本願寺法主 顕如 に仕え、 織田信長 との 石山合戦 では 鈴木重秀 (雑賀孫一)と共に本願寺軍の武将として織田軍を苦しめた。このため、「大坂之左右之大将」と呼ばれたという。しかし単なる軍事指揮官だけではなく、天正4年( 年 )に 七里頼周 が 加賀 にて無法を行なった時には、それを改めるよう文書を発するなど、内政面においても重きをなしていた。. この記事は、ウィキペディアの下間頼龍 改訂履歴 ロトの紋章 アステア 女 Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。.

コンテンツにスキップ 案内. ヘルプ ヘルプ 井戸端 notice bugreportspage sitesupport ウィキペディアに関するお問い合わせ. 池田重利 百科事典.

  • 名前空間 ページ 議論.
  • リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.
  • 天正8年( 年 )、本願寺軍が織田軍の前に敗色濃厚となると、 正親町天皇 の勅命講和により本願寺を退去することとなったが、頼廉も同族の 下間頼龍 や 下間仲孝 らと共に講和に署名している。講和後は顕如に従って本願寺を退去し、各地で織田軍に対して抵抗を続ける一向宗徒の説得に当たった。.
  • 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー.

Weblio Weblio IT Livifun. 21 - 14 615 716 3 8 7 1458 :Japanese-history-stub. 下間頼龍 Wikipedia.

池田重利 、宮城政次、 日置忠俊 室、 建部光重 室、 徳永昌重 正室、 大久保外記室、丹羽幸元室. 下間頼廉 百科事典. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.

Weblio .

その他の: